server_top


2004年04月02日

DNSサーバ(BIND8)

ゾーン設定ファイルは普通は/var/named 以下にに置かれますが、設定ファイルのバックアップが楽なので/etc/named にしています。

[/etc/named.conf]

options {
directory "/etc/named";
};

zone "." IN {
type hint;
file "db.cache";
};

zone "0.0.127.in-addr.arpa" IN {
type master;
file "db.127.0.0";
allow-update { none; };
allow-query {
127.0.0.1/32;
192.168.0/24;
};
};

zone "localhost" IN {
type master;
file "db.localhost";
allow-update { none; };
allow-query {
127.0.0.1/32;
192.168.0/24;
};
};

zone "0.0.10.in-addr.arpa" {
type master;
file "db.10.0.0";
allow-query {
127.0.0.1/32;
192.168.0/24;
};
};

zone "takenouchi.to" {
type master;
file "db.takenouchi.to";
allow-transfer {
*.*.*.*;
*.*.*.*;
};
};
ゾーンファイル /etc/namedの下は以下のファイルをおく。

db.takenouchi.to, db.192.168.0, db.127.0.0, db.cache
このうちdb.cache.dnsはルートヒントファイルなので、そのままで使う。

blank_space
投稿者 たけのうち : 08:25 | コメント (0) | トラックバック
記事一覧
blank_space